手相を知る上で参考になる丘

人生100年と言われるようになった時代で、全く悩むことなく平穏無事な人生を過ごすことが出来る人は、多くはないのが現実です。生活する上で仕事に関することで悩んだり、健康上のことで悩んだりすることが多々ありますが、そのような時に身近に相談したり出来る場合であれば問題ないのですが、特に相談する出来る人がいない場合に何か目安になるものがあれば、選択がしやすくなります。このような時に昔から利用されているものに、手相占いがあります。手相占いは、統計学をもとに昔の偉人などの手相も参考にして、このような線のある人はこういった運命だったということを示してくれます。

一般的に生命線など主に線が濃いとか薄いとかで判断することが多いですが、中には丘というところを参考にする時もあります。この丘というので判断する場合、手のひらの膨らみで調べるのですが、金星や木星や土星や水星や太陽といった種類が沢山あります。部分によって異なるのですが、この異なった丘の場所で占う内容が変わってきます。ギリシャ神話や西洋の占星術との関わりが強いので、単なる手相としてみるだけでなく色々なものが融合されて判断されるので、より他の占いよりも細かい部分まで判断できる内容も多くあると考えられます。

より深く丘のことを知って手相を見極めることが出来れば、どのようなことに自分は向いているタイプなのか判断がしやすくなって、前を向いて進める事が出来るはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です