手相で財運線があらわす意味とは

手相の財運線は、小指の付け根の水星丘に現れる線のことで、金運を持っているかお金巡りが良いかどうかを表しています。比較的、短い線であることが多く、見極めにくい部分もあるうえ、この線自体は誰にでもあるわけではなく、線自体を持っていないひともいます。若ければ若いほど線がないことが多く、また専業主婦などお金を稼ぐ手段を持っていない人も現れにくいようです。しかし、財運線は金運が育ち始めた時は短い線や薄い線から育っていくため、金運がないのか、金運が育ち始めているのかをしっかり見極める必要があります。

手相の財運線は、線が長ければ長いほど、濃ければ濃いほど金運が強いことを示しています。感情線までの長さがあれば、金運はそこそこあることを示します。今後線が育っていくかを見守る段階です。知能線までの財運線は、それなりに収入があり生活に困らない状況です。

運命線まで伸びていれば、お金をどう稼ぐかよりもどう有効に使うかを考える段階です。仕事で財を得ることができますが、調子にのってしまうと崩れてしまうので注意しましょう。生命線まで伸びている場合は、努力で財を得ることができるといえます。職人や専門的分野での成功者に多く、努力と実力で財を得るため、時間はかかりますが確実につかむことができます。

手相の財運線の数が増えると散財傾向が高まることがあります。特に薄い線がたくさん出ている場合には、お金が入ってきても出て行ってしまうことが多く、なかなか貯めることができません。状況が変われば、線も変化するので、あまり気にし過ぎないようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です