手相の財運線で何が分かる!?

財運線はその名通りお金に関することを表している線です。線のある場所は小指の付け根あたりで、下に延びています。財運線には、長いものもあれば短いものも、濃いものや薄いものが存在しています。濃くてくっきりとしている線は大金を得ることができる可能性が非常に高いと言えます。

逆に、薄くて、線があるのかないのか分からない場合は、お金の扱いが苦手でお金を貯めることができない浪費癖のある少し厄介なタイプです。また、線が長いと金運が上々で、お金周りが良く大金を稼ぐことができます。個人で独立して働いて稼いでいくタイプの人です。逆に、短いと稼ぐ力を持っていないので会社に雇われて、一定の給料をもらう生活をしている方が無難であり、安全ということが言えます。

お金に大きく関係している財運線が多ければ多いほど良いのかというと決してそんなことはないです。2本ある場合、収入が不安定で毎月決まった額のお金が入ってこない状態に陥っている人に多く見られます。次に3本以上ですが、お金の使い方が苦手・下手くそな浪費タイプの人に多く見られているので、貯金が貯まらないだけでなく、現在の貯金をあっという間に使い切ってしまう可能性を秘めているので注意しましょう。最後に、スターやフィッシュがついている財運線は、幸福・幸運を呼び込む手相と言われています。

金運が劇的に高まるので、お金をどんどん呼び込むため着実に財を築き上げることができるでしょう。左手の手相は生まれつき持っている先天的な運勢、右手の手相は日々の行動や思考により変化する後天的な運勢です。逆に言えば、手相を変えることで未来を変えることができるとも言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です